「おや?」
「まったりちゅう だよ」
「あたたか だから、かんもーき なのね」
「なんだ?」
「ゴーって おと きらいだよ」
「にげよ」
「ゴーってね」
「うーん」
「こまったな」
テーブルの下から出てこない銀ちゃん
「ここにするかな」
銀ちゃんの苦手な風の音
結局、ここで、まったりする銀ちゃんでした
「なんとなく、おちつくのよ」
「おちつかないな」
暖かになってきたね
ちょっと、バサバサ かな?
耳がピッとね
春の嵐 だよ
ほんとに、苦手ね
でも、どこに行っても、風の音から逃げられないよ